RAT RACE(ラットレース)

News & Topics
紹介文


もっと詳しく
電話番号
Eメール
郵便番号
所在地 愛知県
定休日
営業時間 --:-- ~ --:--
デザイナーRat Gjo(ラットジージョ)
設立1997年
ホームページhttp://www.ratrace-web.jp
ブログhttp://ameblo.jp/ratrace-official/
オンラインショップhttp://www.ratrace-web.jp/index.html
Facebookhttps://www.facebook.com/RatRaceWeb/
Twitterhttps://twitter.com/ratrace_rat
Instagram
その他関連URL等
取り扱い店舗

【正規販売店】
《北海道》
TREASURE(トレジャー)

《群馬》
GINYA 高崎店

《栃木》
LIVINGSTON 那須

《東京》
DF TOKYO(ディーエフトウキョウ)
新宿銀の蔵 新宿店
新宿銀の蔵 中野店
BLACK BARTS(ブラックバーツ)

《富山》
Fixer 砺波

《石川》
HAZE(ヘイズ)

《静岡》
GINYA 静岡店
GINYA 沼津店

《愛知》
ROCK ON CITY(ロックオンシティ)
Mr.treize(ミスタートレイズ)
GINYA 豊橋店
Swinger
STUDIO Venom Glow(スタジオベノムグロウ)

《三重》
KINGSROAD 鈴鹿店(キングスロード)

《広島》
-925-並木通り店

ブランド紹介(詳細)

1997年にデザイナーRat Gjo(ラットジージョ)が自身の納得のいく究極のスカルを追求する為、始動。

自然というモチーフの中の究極の造形物の一つとしてスカルを捉え、その曲線やバランスに独自のデザインを落とし込む。

RAT RACE(ラットレース)は現在大きく分けて
ラットレース・スカルの原点である《スタンダードシリーズ》
アールヌーヴォーのニュアンスを取り入れた《ヴィーナスシリーズ》
哀愁の中に優しさを感じる《クライベイビーシリーズ》
火や炎の持つ独特な自然のラインを表現した《フレアシリーズ》
滑らかな曲線にメッセージを添えて主張する《リボンシリーズ》
の5シリーズで構成されている。

デザイナーであるRat Gjoは、
「Today is a very good day, to Die」(死に日和)
を座右の銘に、妥協無き物造りを追求している。

全ての商品一つずつをバフを使わずにリューターのみで磨きあげ、独特の仕上げに拘っているのも、全ての商品に手彫りのサインを入れているのもその妥協無き姿勢の一つ。

設立より10年以上経った現在も、一貫して初心を忘れずそのスタイルを維持し、新作はハイペースなリリースとは言えないが、常にクオリティをアップさせたアイテム製作を続け納得のいくアイテムのみをリリースしている。

最終更新日:2019-04-11

関連ページ

  1. CMW(Custom Metal Works)

  2. WOLFMAN B.R.S(ウルフマンブラザーズ)

  3. ELCAMI(エルカミ)

  4. gura(グラ)

  5. Dearest CROWN(ディアレストクラウン)

  6. Ark silver accessories(アークシルバーアクセサリーズ)

  7. Beautesque(ビュウテスク)

  8. Superbia(スペルヴィア)

  9. goro’s(ゴローズ)

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。