Mad Graffiti(マッドグラフィティ)

News & Topics
紹介文


もっと詳しく
電話番号052-242-1710
Eメール
郵便番号460-0008
所在地 愛知県名古屋市中区栄3丁目20番14号
定休日 水曜日
営業時間 12:00 ~ 20:00
デザイナー
設立2009年
ホームページhttp://www.mad-gr.com
ブログ
オンラインショップhttp://www.mad-gr.com/page005.html
Facebookhttps://www.facebook.com/madgraffiti.silveraccessories/
Twitterhttps://twitter.com/mad_graffiti
Instagram
その他関連URL等
取り扱い店舗

【直営店】
《愛知》
STUDIO Venom Glow
GALLERY Venom Glow

【正規販売店】
《東京》
SILVER SHIELD
BLACK BARTS

《静岡》
GINYA 浜松店

《滋賀》
GRANDTURKEY

《京都》
Choice

《佐賀》
STAR GARDEN 佐賀

《台湾》
KOOLOOK

《中国》
JEWELRY VIEW(飾界観)
CARR SALON 花店

ブランド紹介(詳細)

「Mad」は「狂った」、「Graffiti」は「落書き」の意。
ブランドは自身を映すものだと考え、自身の嗜好や思想から創り出されるものの総称として「Mad Graffiti」と名付ける。

今までで自身が影響を受けてきた音楽や映像、その中でも強く刺激を受けたものはどこか幽かに狂気じみたものを感じ、自身が創り出す作品にもその表現を宿らせたいと願い「Mad」という言葉を選ぶ。
また、芸術のような作品の制作を目指し、物造りに対し一片の妥協もしないという考えから「自分の造るものはまだまだ落書き」と、向上心と自身への皮肉を込めて「Art(芸術)」ではなく「Graffiti(落書き)」とした。

デザイナー自身の退廃的な思想や嗜好を基に、「身に着ける芸術」を創り出すことを目的とし、聖書や神話、それにちなんだ絵画や彫刻などからインスピレーションを受け、具象的なモチーフを使った作品を制作する。
制作においてはブランドの世界観を崩さぬようデザインから制作まで必ず一貫して行われ、その計算された緻密なデザインと造形技術からは、冷静さの中に執念のようなものを感じさせる。

ファッションにおけるスタイルでは「主張を忘れず過剰修飾にならない」を基に、どこか中性的で繊細さを感じる作品を展開していく。
そして個人のファッションスタイルの中心ではなく、ライフスタイルの中に自然と取り入れられるアクセサリーを提案する。

Mad Graffitiフラッグショップとしてデザイナーの憂がGALLERY VenomGlowに常駐しており、フルラインナップのアイテムを展示しております。
その場でのカスタム相談等も直接デザイナーと話す事ができます。
工房機材を併設している為その場でのカスタム加工が可能で、カスタムされる様子もその場でご覧いただけます。
※セレクトショップとしても継続する為、従来のセレクトブランドも引き続き店頭展示、販売を致します。

最終更新日:2019-03-28

関連ページ

  1. TAUJAN(タウジャン)

  2. DEAL CHURCH 本店(ディールチャーチ)

  3. Ruichi(るいち)

  4. Morphine(モーフィン)

  5. Node by KUDO SHUJI(ノード)

  6. Sies(シーズ)

  7. HAMSA(ハムサ)

  8. Caravella(カラベラ)

  9. HYDRA(ヒドラ)

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。