HELL BULL(ヘルブル)

Facebook

News & Topics
紹介文

量産されたシルバーアクセサリーとは違うハンドメイドな雰囲気を残しつつ、傷やへこみを気にしないカジュアルなアクセサリーがコンセプト。
近年はロンドン系のライダースに魅かれマッチするアクセサリーを妄想中
※事務所は留守する事が多いので、お問い合わせはメールかFAXにてお願いいたします。
hellbull@live.jp


もっと詳しく
電話番号03-6712-6257
Eメール
郵便番号
所在地 東京都港区
定休日
営業時間 --:-- ~ --:--
デザイナー押川 英俊
設立2003年
ホームページhttps://www.hellbull.jp
ブログ
オンラインショップhttps://www.hellbull.jp/shop
Facebookhttps://www.facebook.com/hellbull925/
Twitter
Instagramhttps://www.instagram.com/oshikawahidetoshi/
その他関連URL等
取り扱い店舗
最終更新日2019-02-24

ブランド紹介(詳細)

2003年にDREADSKULLでブランドをスタート。
アメリカは西海岸のカスタムカルチャーに傾倒。
ブランド名もヘルメットを被ったブルドックのHELLBULL(ヘルブルはヘルメットブルと地獄HELLのブルの意)に変更。
シルバーアクセサリーのデザイン及び原型製作に留まらず、カスタムカルチャーのテイストをシルバーアクセサリーに吹き込む為に、国際的なカスタムカルチャーアーテイストのGHOST氏の元でピンストライプ(ドロウ)を学ぶ。
アーテイスト名OSSI(オッシー)でアーテイストとして活動中(横浜HOT RODCUSTOM SHOW・・・etc)
作品はTATTOO、ROCK、HOT ROD、BIKER、SURF、ロウブロウアート、PINSTORIPE、西海岸のKUSTOM KULCHERの影響を受け、SKULL、ANIMAL、CROSSで表現。ART WORKとしてDROW PAINT(描画)とスカルプチャー(造形)を制作している。
アクセサリーは主にSILVER925(スターリングシルバー)を使用し、造形方法はロストワックス方式を採用。
デザイン、原型製作、最終仕上げはOSSI本人が行い、キャスト(鋳造)は厳選された指定工場で製作。

最終更新日:2019-02-24

関連ページ

  1. Stroker 下北沢店(ストローカー)

  2. VIVIFY(ビビファイ)

  3. Locmaria Art Works(ロクマリアアートワークス)

  4. CHROME HEARTS 東京 原宿(クロムハーツ)

  5. Loud Style Design -Lily Dust-(ラウドスタイルデザイン)

  6. Bloody Mary 原宿店(ブラッディマリー)

  7. emerge Art Jewelry Studio SELECT(エマージュセレクト)

  8. ALICE BLACK(アリスブラック)

  9. SILVER SHOP GINZO(ギンゾー)

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。